『激流~私を憶えていますか?~』第3話2013/07/15 09時33分

第3話のタイトルは「転げ落ちる石のように」でした。
ようやく物語り全体が見えてきた感じで、ハラハラ・ドキドキ…。
ハギコーさんの安定の可愛さにキュンキュン(笑)。

さてさて、気になった冒頭シーン。
写真に写っている人物が判明し、美弥のお部屋に呼び出されたハギコーさん。

手伝わすようなことをしてゴメンと美弥に謝ると、
美弥から「自分のためにしていることだから」と返され、複雑な表情のハギコーさん。

ん???
ハギコーさん、スリッパは?
美弥さん、ハギコーさんにスリッパを出してあげてください(笑)。
スーツがいつも似合っているハギコーさんなのに、靴下の足元のユルユル感に萌えました(えっ! 私って変???)

時間をみて「やべっ~」と。
で、美弥さんから「泊まってく?」とサラッと言われて「はぁ?」。
美弥さん「だって明日も早いんでしょ? だったらここで寝ていけばいいじゃん。シャワーとか使っていいし、うちお風呂広いからさ~」と、あくまでもハギコーは同級生、男じゃないよという感じがありあり。← いいのかよくないのか。
ハギコーさん戸惑いながらうわずったお声で
「いやいやいや、だって、そんなオレ、女の子の部屋で…」

「うぃ~ いま、女の子って言った!?」
「うぃ~って」
テンションが上がった美弥さん、これまでの尖った感を一気に消し去るような可愛い目をして、ハギコーさんに抱きついちゃったよ(-_-)
美弥さんにギュッとされて嬉しそうなハギコーさん。← またまた美弥に嫉妬しちゃったよ(笑)。

で、ハッと見つめ合って「帰るよ、ありがとう」と言うハギコーさんの言い方・お声・表情がとても男前過ぎて、素敵可愛かったですね~☆
(ハギコーさんの「帰るよ」の一言にホッとしたことは内緒です(笑))

捜査会議中のハギコーさんの男前な横顔。
あれ?佐分利刑事、こんなに髪が短かったっけ?

第3話で一番心に残ったシーンはサバの部屋での二人のシーンでした。
支店前でティッシュ配ってるサバを見かけて声をかけるハギコーさん。
サバから話したいことがあると持ちかけられます。

サバのお部屋で鉄道模型にテンション上がる元鉄道オタクの二人。


久しぶりにサバと模型で戯れながらもその表情は複雑です。
確かにかつては同じ趣味に興じていた二人。

でも、その後は東大進学、本店勤務のエリート銀行員となったサバ
それなのに異動した支店でティッシュを配り、
妻子とも別れ
こうして電車の模型に逃げ込まなければならないサバの心の闇を感じてしまったハギコーさん。
サバを見つめる眼差しが、哀れんでいるものでなく、優しく見守っているかのようで救われました。
今は闇の中を漂っている毎日かも知れないけど、
ハギコーのような友人がいる限り、大丈夫だよ…サバ!!
きっと、中学生の頃のように屈託なく笑える日が来るよ! 来てほしいな。

「ビール飲む?」サバに言われて、飲めないからと断るハギコーさん。
「ハギコーが飲めないなんて思えない。中学の修学旅行のとき……」とサバ。
サバの記憶力の良さには叶わないと言いながら
「じゃちょっとだけ。いつ呼び出しくるかわかんないし」と、真面目刑事・ハギコーさん。
この二人のシーン、いいな。
NHKさん、これからもハギコーとサバメインでお願いします(笑)。

思い出したという冬葉のエピソードを話し終え、ふと本音を漏らすサバ。
この時、サバの足裏にあのしつこい留美のピアスが刺さっていた…それをカメラが写すのですが、これからサバに起こる出来事を暗示しているかのようで、背筋が凍りました。

目撃情報が寄せられ、動き出す捜査陣。
そんなところに、美弥から電話がかかってきます。
男前刑事ハギコーさんの3連写。

ラストのシーン。
大林が殺されたというニースが映し出され、
それを見つめる5人5様
(サンクマさんとサバは仲良く朝食中でニュースを見ていませんが…)

ハギコーさんは署で…。
こんなハギコーさんを見せられては、またまた妄想が豊かになりすぎます(笑)。

この前、女子3人にシンパシーを感じられない……などと書きましたが、
今回、美弥の良さに気づくことができました(← 遅い?)
言いたいことはズバズバ言うし、口調もトゲがあるけれど、
でも、本当は優しくて思いやりのある人なんだ…と気づきました。
ハギコーも美弥のそういうところに惹かれているのかな……。
貴子さんの欠点も結構見抜いていて、貴子さんの身勝手な行動に腹を立てながらも、やはり同級生御堂原貴子さんが心配でならない。
タクシーを降りて後を着けちゃいましたね。
そして、ホテルから帰ろうとした貴子さんと鉢合わせ。
この時の国仲さんの貴子な目、怖かった(-_-)
賀来千香子さんが時折見せる毛利加奈子の目も怖いけど…。
女優さんって、凄いですね。

離婚に左遷と激流の渦に巻き込まれているサンクマさんが、
つい寂しくなってかつての憧れの人=鯖島豊くんに絡んでしまう気持ちもわからなくはないけど……。
意に沿わない部署であっても、サンクマさんには胸を張ってお仕事をしてほしいな。

自身の35歳の頃を思い出しますが、
35歳って実に厳しい年齢なのですよね……。
過去からのEメールをきっかけに集った5人。
物語は明日で折り返し。
もがきながらも懸命に生きている・生きようとしている5人をこれからも応援したいな。

『激流~私を憶えていますか?』第2話2013/07/14 00時10分

さてさて、美弥とミニに乗って、どこに行ったのか、ずっと気になったまま過ごした1週間(笑)。
港に車を止め、ハギコーさんが取り出して美弥に見せたのは…。
美弥は見せられても直ぐには分かりません。
ハギコーさん、「似てないか?」と美弥に問います。
ハギコーがなぜ自分を車に乗せ、こんなところに連れてきたのか、ようやく分かった美弥。
怒りがこみ上げてきて、外に出ます。

美弥を追って、車の外に出たハギコー。
「心のなかじゃ私のこと軽蔑してるくせに。だってわたし前科者じゃん」と半ば自虐的に吐き捨てる美弥。
その美弥を見つめ
「そんな言い方するなよ。そんな言い方 しないほうがいい」。

このときのハギコーさん、
一瞬悲しそうな目をするんです。
そして、美弥の哀しみを包み込むかのような、優しい穏やかな目をするんですよね。
なんて男前なハギコーさんなんでしょうか。
このときのお顔、言い方、大好きです♪

そして、美弥に「榎木のような男とは二度と付き合わない方がいい」、「もし榎木から何か連絡があったら、ちゃんとオレに知らせてくれるよね?」と言うんですね。
一方、美弥は、もしも自分に何かあったら、守ってくれるかとハギコーに問います。
ハギコーさん、しばし間をとって「…守るよ」。
もう、このときの表情・声に心を持って行かれました~☆
二話のストーリーなんてどうでもよくなりました(笑)。


せっかく格好良く決めたのに、また美弥から「二枚目を気取っちゃって」と笑われちゃいます。
こういう落ちというか二人の会話、なかなか楽しめます。

********

ストーリーは「時計は動き出す」というタイトル通り、それぞれが激流に翻弄されそうに。
サンクマさんは、作家の原稿を「紛失」した責任を取らされて、異動という名の左遷。
どうして自分が…と自身を正当化しようとするサンクマさんに言った上司の言葉は耳が痛かったですね。
どういう気持ちで京都まで原稿を取りに行っていたんだ。
珠洲先生が毎回毎回、原稿を取りに来させ、その場で編集者に読ませるには、意図がある、それが分かっていたか。そもそも今回のことを招いたのは作家との信頼関係が築けていなかったから…と、言い放ちます。
厳しい言葉ですけど、こういうことを言ってくださる上司がいて、その言葉の重みを理解することができると、再生への道は開けると思います。
ぐんばれ!! サンクマさん。

サバも身辺にいろいろと問題を抱えていることが明らかになりましたね。
女性問題を起こして左遷させられたようです。

そして、貴子さん。
娘のため…とエクスキューズするものの、要は自分の見栄のために…。

35歳という岐路に立つかつての同級生たち。
みんな幸せな道を地道に…と願いつつ、
でも、正直言って、女子3人にあまり感情移入できず…
こういった群像劇は、登場人物にシンパシーを感じることができないと楽しめないな……と、揺れながらも、今回もハギコーさんに心を持って行かれた『激流』第2話でした。

『激流~私を憶えていますか?~』第1話2013/07/13 23時40分

6月25日から始まっているドラマ10『激流~私を憶えていますか?~』
桐谷さんご出演のドラマですから、毎週、リア視聴を心がけ、そのあとも時間があればリピしています。
東萩耕司さん。
これまで桐谷さんが演じた刑事さんのなかでも、フツーで演じるのが難しいな…と思いながら初回を観ました。
大塚のように、刑事になった嬉しさと上司への憧れを演じるわけでもなく、
瀧河のようにクールで切れ者でもなく、
弓坂のような陰もなく…。
オーラを発する必要のないハギコーさん。
同級生と刑事の自分との間で小さな葛藤と闘っているハギコーさん。
うんうん。難しいよ。
でもでも、私にとって、やっぱり桐谷ハギコーさんは素敵すぎます(キッパリ↑↑)。

サンクマさんが身につけているアルハンブラやロエベのアマソナ(← しかも、2つも色違いを持っていたよ(驚!))を目にして、「編集長って高給なんだ…(-_-)」と羨んだことは内緒です(笑)

ところで、~私を憶えていますか?~の「憶え」という漢字
「覚えて」ではなく「憶えて」を使っています。
「憶える」は、心と意
意は心に音(おさえる)という意味だから、
忘れないものとして心におさえる、とどめる…という意味で用いているんですよね?

ここに、冬葉のメールの意図があると思っているkinakoです。

********

放送からずいぶん時間が経ちましたが、自分の覚え書きとして、写真を貼っていきます。

第1話「過去からのEメール」

ハギコーさん。
胸のバッジが光っています。

お美しい横顔。

同級生が事件の参考人として挙がっていることに動揺しているハギコーさん。
この下向き加減の目線、凄くいいですね~☆

話を聞くため美弥のもとを訪れたハギコーさん、でも会えませんでした。
置いていった名刺を見ると
ハギコーさんの上司が佐分利刑事だなんて…。
必然???
いやいや…他局のドラマだよ(笑)。

レコーディング中の美弥の元を改めて訪れたハギコーさん。
20年振りに再会したふたり…。
「良かったぁ。覚えてくれてた!光栄ですっ!」と、笑顔で深々とお辞儀。
無理に明るくしてる感があり、ぎこちないハギコーさんでした。

あくまでも明るく再会を喜んでいる(ような?)ハギコーさん。
でも、美弥さんからは、「すっげえおっさんぽくなった」と言われてしまいました。
どんなリアクションをしていいか戸惑うハギコーさんも可愛かったですね。

美弥に、きみのことは疑っていない…と言いつつも、
その場を離れた美弥を目で追ったハギコーさんはもう刑事の目です。
この辺りの表情や眼差しの変化が抜群にお上手ですね、桐谷さんは♪

さて、女子に届いた「過去からのEメール」対策で、かつての同級生が揃います。
(正確にいうと、この時点でナガチはでていませんので、揃った訳ではありませんが)

サバを目視して嬉しさと驚きの表情のハギコーさん。
このときのサバさんのリアクションが悪戯っ子+おっさんっぽくて笑えました。


サンクマさんや貴子さんを目にして…。

謎のメールについての見解を話すハギコーさん。
早速サンクマさんから、「本当に刑事なんだね、中学の頃から想像できない」と冷やかされます。
冷やかされて口を尖らすハギコーさん、可愛い♪
美弥が飲んでいるのはモヒートかな??

ハギコーさんの美しい横顔と手の3連発です♪

貴子さんの発言を真剣に聞いている男子二人。

皆と別れたあと、なぜか車で登場のハギコーさん。
しかも、ゴルフでなく、ミニだし(笑)。
ミニに乗っているハギコーさん、可愛い♪

で、「美弥っ!」って呼び止めます。
送るよ…って、いいな、美弥。← ちょっと嫉妬(笑)。
「さっきはごめん」と謝るハギコーさんと
無言で車に乗り込む美弥。
その美弥の背を見つめるハギコーさんの眼差しがスッと刑事のものになっていて、ちょっと恐かった。

で、車に乗ると、もうこの笑顔。
刑事の顔と同級生の顔を瞬時に使い分けるハギコーさんでした。

********
『激流』第1話は、最後のハギコーの語りが、観る者の妄想を豊にし過ぎました(笑)。

このドラマの語り、サンクマさんとハギコーさんなのですが、
これがまたいいですね。
桐谷さんのお声☆最高です♪

そして、冬葉さん。
彼女の画が出てくると、ドラマの雰囲気が一瞬でサスペンスになります。


心に留まる表情ですね…。