健吾と梨沙の出会い2011/11/05 09時31分

すっかりお寝坊してしまった今朝。
おめざに『流れ星』第1話を観ました♪
第1話は「最愛の人は一年の命…契約から始まる愛!」でした。
この時点での健吾の最愛の人はマリアだと、このタイトルは語っているのですが…。

1年前の10月18日午後9時…この最初の上戸彩ちゃんの姿に衝撃を受けました。

--------
修一と諍いになって部屋を飛び出して、偶然目にとまった看板を見て入った新江ノ島水族館。
最初にクラゲのファンタジーホールに足を踏み入れたときの梨沙の表情です。

健吾と梨沙のファーストコンタクトはこの場面でした。
ぼんやり歩いている梨沙に健吾がぶつかってしまいます。
「すいません、すいません」と、2回ほど謝る健吾。
この時の梨沙は健吾の顔をまともに見ていません。

閉館を告げるアナウンスも耳に入らず、クラゲを見つめ続ける梨沙。

健吾「すいません。そろそろ閉館なんですが」
閉館を告げる健吾。
クラゲに心を奪われている梨沙には、その声も届きません。
ともに水槽を眺めて「落ち着きますよねぇ」と声をかける健吾。
梨沙はこの時初めて健吾の顔を…。
----------
梨沙「あっ」
健吾「見てると何だか落ち着きますよねえ~」
梨沙「こいつら 一生海の中 漂って生きてるんだよね…」
健吾「ただ漂ってるわけじゃないんですけどね…」
   「でも、海流とか波の力の方が ずっとおっきい…だから自分の力で 好きなところに行けるわけじゃないんです」
梨沙「へぇ…」
健吾「ここでは人工的に水流を作ってます。そうしないと底に沈んでしまって うま~く漂えずに死んでしまうことがあるんです」

子どもたちに理詰めな説明をして、退かれてしまったことなど忘れて、梨沙に自分のペースで説明する健吾です。

梨沙「かわいそう」
健吾「ふふふ…そうかもしれませんねぇ」
   「でも、クラゲには楽しいとか 悲しい つらい そういう感情はありません」
梨沙「そんなの わかんないじゃん」
健吾「感情を持とうにも 脳がありませんからね」
梨沙「ノウ?」
健吾「脳みそ」

梨沙「そっか。脳がなきゃいいのか…」
健吾「えっ?」
すべての始まりは、クラゲの水槽の前☆この時。

そして、すっかり『流れ星』に心を持って行かれた私。
未だにオープニングのBGMが流れると『流れ星』の世界に漂ってしまいます(笑)。

背中が語る『流れ星』 22011/09/04 17時07分

今日は台風の影響で、午前中はバケツの水をひっくり返したような雨…。
そんな日は、お家仕事。
片付けに勤しむ予定が、例のごとく、半分も進みません(>_<)
やっぱりお家にいると『流れ星』を見ちゃいます。

*******
第1話から。
健吾は一縷の望みを抱いて、美奈子さんの職場へと向かいます。
恋人同士とは思えない二人の丸まったさみしい背中。
ベンチに座った二人の距離…。
このシーンの撮影が行われたのは、2010年9月22日。
板谷由夏さんは、この日の収録のことを、自身のブログ(http://blog.amuse.co.jp/itayayuka/item/17837)で「炎天下、切ないシーンを撮影した。山下公園で涙するのもこの仕事してないとなかなか経験できないかも。哀しいシーンになっているとよいなと思う」と書かれていましたね。
この時の二人の会話は…。
 ---
美奈子
「私ね、あれから考えたの。マリアちゃんのことは ホントに妹みたいに思ってる。だから 助けたいって思う。……両親に相談したの。そしたら 反対された。私 ホッとしたのよ。ホッとした自分にびっくりしちゃった。ごめんなさい」


健吾
「実奈子は 悪くないよ」  「こんなこと…こんなこと 考えさせちゃって ごめんな」

美奈子
「お母さんは マリアちゃんのために 当然のことをしただけ」 
「でも…家族にはなれない」 
「ごめんなさい」


家族にはなれないと言った美奈子さん。
美奈子さんを失った後、
妹を助けるため梨沙に
「俺と結婚して欲しい」「家族じゃなとダメなんだ」と、
振り絞るように言った健吾。
板谷さんがおっしゃっているように、何度見ても、このシーンは哀しいです。
*******
明日は月曜日…また1週間、お仕事頑張りましょう。

背中が語る『流れ星』 12011/08/07 12時10分

う~ん☆眠い。睡眠時間は十分とったはず…なんだけど。
今日はおうち仕事日。お掃除☆洗濯☆お買い物…etc。
でも、『流れ星』に癒されたい。健吾&梨沙に会いたいですね。
-------
『流れ星』では竹野内さんや彩ちゃんの表情、二人の間に魅せられました。
また、その時々の二人の思いや切なさを言葉以上に語る背中にも…。
-------
第1話より
夜の海岸で出会った健吾と梨沙。
梨沙の願いでクラゲを見に…。
梨沙「クラゲって 死んだら どうなんの?」
健吾「ミズクラゲはね 溶けてなくなるの」
梨沙「マジで?」
健吾「うん」
梨沙「アハハ すげぇ」「私 クラゲになりたい」
健吾「ハハハハ」
梨沙「ふらふら 水に漂って 死んだら 溶けてなくなるなんて 最高じゃん」
梨沙「あんたは?」
健吾「俺?」
梨沙「生まれ変わったら…」
健吾「生まれ変わったら…」
健吾「クラゲか…」

この背中から、梨沙の絶望と、健吾の抱えている孤独を感じて、切なくなったことが昨日のことのように思い出されます。オンエアされたのは、2010年10月18日。このドラマとの衝撃的な出会いからもうすぐ10ヶ月になります。まさか、ここまで心を鷲掴みにされるとは…(笑)。